エアコンのいらない家

banner

高温多湿な時期が長い日本では、住宅は夏をいかに涼しく過ごすかという考えで建てられてきました。
冬の寒さは、着物を余計に着込んだり、暖房設備を整備すれば我慢できるが、
夏の暑さを解消することは困難だと考えられていたからです。

近年の「高断熱・高気密」という考え方では、室内の暖気をいかに外に逃がさず、
冬暖かく過ごすかという事が基本になっていますが、逆に夏の熱気を外に逃がす事ができないので、
一晩中クーラーを運転させておかなければ暮らせない家が出来上がりました。

美創ホームの造る家は、デザイン性に加え「住み心地」を重視して設計します。
冬寒く夏はクーラーを運転しておかなければ過ごせない家は、住み心地の良い家とはいえません。
快適な住み心地を実感して頂くために、弊社が採用しているのが「外断熱工法」の家です。

「外断熱」とは、屋根・壁の柱や梁などの外側を断熱材で隙間なくすっぽり包み込む断熱方式。
内断熱に比べ隙間が生じにくく、外の熱気や寒気を遮断する能力にも優れています。

banner

家の断熱の方法は、大きく「内断熱工法」と「外断熱工法」に分類されます。
内断熱工法は、柱と柱の間に断熱材を押し込む方法で断熱します。
その断熱材の代表的なものがグラスウールです。

しかし、内断熱工法は結露を起こしやすいという欠点があります。
そして、結露によって発生した水分は断熱材に吸収されてしまうのです。
そうなってしまうと、本来の断熱性能が落ちるだけではなく、木材の腐食が始まってしまいます。

水分を含んだ木材はシロアリの発生を誘引し、家の耐久性を弱めてしまいます。一方、
外断熱・二重通気工法で建てた家は排熱・排湿効果もあるため、結露が発生しにくい環境を創ります。
また、適度に木材を乾燥させるので家の耐久性を高めることもできるのです。

banner

光と風などの自然エネルギーを利用することで、冬暖かく・夏涼しい暮らしが実現します。
ですから、暖房や冷房器具は最低限の稼働で快適な暮らしが実現します。
これにより、燃料代・電気代の節約をすることができるのです。

外断熱・二重通気(ソーラーサーキット)工法の家は、機械等の人工的な力に頼りすぎることがなく、
自然のエネルギーを最大限に利用した省エネ住宅なのです。

banner