光と風の設計

banner

bannerどんなにお金をかけた立派な外観の家でも、
その家に住む人にとって心地よい生活ができなけ
ればまったく意味がありません。

美創ホームでは、家づくりにおいて大切なことは
「 住み心地 = 快適性 」だと考えています。
そのため、プランを描く前には徹底的にお客様から
どんな家に住みたいのか・何を大切にしているのか
「将来のライフスタイルは」など細かく打ち合わせ
いたします。

特に一番家にいる時間の長い奥様のご意見を大切に
考えて、女性一級建築士が直接打合せを行います。そうして、その家の土地の形状、隣家との距離、
街並みなどから、その家に最適な「光」や「風」という素材を、どのように取り込めば快適に暮ら
せるかを考えてプランを設計いたします。

また設計だけではなく「 住み心地 = 快適性 」を追求するために、倍以上の手間がかかりますが、
通常の住宅会社が取り入れる「内断熱工法」ではなく「外断熱&二重通気工法」を採用しています。

この工法は、住宅先進国である北欧では標準となっている工法です。
工法の違いは直接お客様がみることが難しい部分ではありますが、この工法を住宅建設に取り入れる
ことにより、「 デザイン + 快適な住み心地 」の家づくりが可能になるのです。

banner

banner日本には麗しい四季があり、それぞれの気候風土
に合わせた生活をしてきました。
このことが日本の素晴らしい文化を育んだことは
間違いのないことだと思います。

しかし神奈川県であっても、冬の気温は0度になり、
夏は40度を超える真夏日が続きます。
1年間快適に過ごせる期間はあまりにも短いのです。

冬の寒さや夏の厳しい暑さに対し、快適な暮らしを
実現しようと思えば、室内の採光と風通しを
工夫しなければなりません。

一流建築家がデザインした全面ガラス張りの家などは、見た目は良いのですが、ガラスは熱伝導率が
高く、冬は室内が外気温と同様になって、夏は温室の中にいるのと同じようになってしまいます。
それでは、快適とは程遠い生活になってしまいます。日本の湿度は家にとって最大の敵です。

湿気がこもると、カビが発生しやすく、カビで住む人の健康障害が発生する可能性が高くなります。
また、湿気がこもる家は、建材の腐敗がすすみやすく、シロアリも発生しやすくなるのです。
そうなってしまっては、家の寿命も縮まり、快適な生活をおくることは不可能です。

湿気の多い日本の気候を変えることはできませんが、採光を工夫し、風通しを良くすることで室内の
湿気を上手に屋外に逃がすことができれば、家の寿命を長くし、住む人が快適な生活を送ることが
可能になります。これが、美創ホームが家づくりに「光と風」を重要視する理由なのです。