光と風を見方にするソーラーサーキット工法の家

banner

ソーラーサーキット工法とは、内断熱だけではなく外断熱を採用し、
断熱材の内外に空気の通り道をつくる二重通気工法のことです。

夏には、小屋裏・床下にあるダンパーを解放することで、排熱・排湿をします。
それにより、室内にこもっている熱や湿気を室外に排気し、
室内を屋外と比べて涼しく保ちます。

また、冬にはダンパーを閉めきり、室内の暖気を屋外に逃がしません。
そのことで、冬でも室内を快適な温度に保ち、結露を防ぎます。

ソーラーサーキットの家は、二つの機能を持ち合わせた生まれながらの『ハイブリッド住宅』であり、
『長期優良住宅』に匹敵すると言えるのです。

banner

banner

banner
建物を二重に覆い、空気の経路をつくるソーラーサーキット工法は、
冬は寒気を遮断し、家中に熱を分散することで快適な暖かさを実現します。

夏は屋根や壁に受けた熱を空気経路によって排出します。
さらに、外気から新鮮な空気を通すことで、室内をさわやかに保つことができます。

内断熱の家と比べて、その温度差は歴然です。

banner

banner
banner家の寿命を縮める最大の敵は室内の結露です。
内断熱工法では断熱材が湿度を溜めこみ、その水分により構造体が腐食する可能性があります。

しかし、ソーラーサーキット工法の家では、室内が平均した温度環境となり、
壁内通気による排熱・排湿効果もあるため、結露しにくい環境をつくります。

家の主要建材である木材を適度に乾燥した状態にしておくことは、
家の耐久性を高めるだけではなく、カビ・ダニ・シロアリの発生を抑え、
住む人の健康にも役立ちます。