細やかなアフターサポート

banner

住宅業界はお客様とのトラブルが多い業界です。
「見積りと請求金額が違う」
「欠陥があっても対応してくれない」
「建てた後は知らんぷり」などこのような話を聞くことは、
同じ建設業界で仕事をするものにとって、本当に悲しいことです。

弊社では、実際に住まわれてから不具合が生じないよう、
細心の注意をはらって住宅建設を行うことはもちろんですが、
家をお引き渡した後からが本当のお付き合いが始まるのだと考えています。

住み始めた時には快適な住まいも、「建付けが悪くなった」、「子供が棚を壊した」など、
長く生活をして行くうちには必ず不具合が発生します。

だからこそ、建てた後のメンテナンスがとても重要になるのです。
美創ホームでは、いつまでも変わらぬアフターフォローを実施していくことをお約束いたします。

banner

美創ホームの住宅は、ハウスプラス住宅保証の 瑕疵(かし)担保保険に加入しています。

瑕疵担保保険とは、住宅の構造や雨水の侵入を防止する部分に
問題が生じた場合、新築住宅を供給した建築業者が補修を行い、
その一定割合を保険金として支払う制度です。
保証期間は、引き渡し日から10年間となります。

≪保険の考え方≫
住宅における保険とは、住宅に問題があった時の対応として考えるべきものです。
住宅建築は構造体や雨水の浸入を防ぐ部分など、お客様の目には見えないが重要な部分があります。
しかし、もっと大切な事は保険を必要としないこと、不具合のない家をつくることだといえます。
美創ホームのめざす建築は保険を必要としない住宅です。

お客様により快適な生活をおくっていただくために、その部分には最大限の意識を注いでいます。
ここでご理解いただきたいのは、「保険を見て家の本質を見ない」ことが
ないようにしていただきたい点です。

保険があるから安心なのではなく、不具合がないから安心なのです。
保険は不具合が生じた時に直すというものです。

10年間の保険の内容は建設会社にとって当たり前の内容です。
10年間の保険を裏読みすれば、10年経てば補修義務から逃れられるということにもなります。
長い保証期間や保証範囲の広さなどばかり気にして家の本質を見ないと、
毎年数か所ずつ修理が必要な家に住む結果になることもあるということです。

美創ホームでは、お子様の成長や家族構成の変化などによる増改築などの大きなリフォームを除き、
細かな修理をしなくても住むことができる家づくりを目指しています。